So-net無料ブログ作成

華燭(パート2) [暮らし]

IMGP0084r.JPG

昨日の日曜日、暑かったですねえ。
その暑い最中、ぼくはスーツにネクタイ・・・豊洲で結婚式でした。
一昨年まではポツリポツリだった結婚式、何故か最近、急に多くなりました。

相談を受けたのは、震災後の3月下旬。
4月に単身解除(地元復帰)になる人間に、わざわざ7月に東京に来いと言うのか?
そもそも何でオレなんだよ、お前の上司がいるだろ?!

「こんな時期に申し訳ありません。是非来ていただきたいんです。
航空券とホテルはこちらで手配させていただきます。何とかお願いします」

参りました。
相手もしぶといし、こちらもそう言われるのは正直言って嬉しい。
その上、そこまで言われては、もうとても断れません。
だけど、どうしてホテルなんだよ?ホテルなんか要らないよ。
それがあ・・・披露宴が4時半からだから、最終便に間に合わないんです。
はあ?月曜日を休めって言うのか?!

色々と問題を抱えた子でした。
ぼくの部署に居た時は、職場で唯一の女性の技術職。
周りの人間とは、世代が違う人のほうが圧倒的に多い。
そういう環境だから、かなりキツイことも多かったんじゃないかと思います。
だから普通の5倍ぐらい話を聞いたし、3倍ぐらい話もしたつもりです。

人間というのは難しいものですね。
ひとつ歯車が狂うと2つ目が狂うのは簡単。すると3つ目は正常に動けなくなる。
そうやって病巣があっという間に広がって行くのでしょう。
ぼくの部署に居た時に最初の試練が来て、それは何とか乗り越えたものの、
結婚を機に退職する届けが3月末に出ていました。

結婚が新たなスタートだと考えれば、これはこれで良かったのかもしれない。
少なくともダラダラとけじめの無い人生よりは数倍有意義に違いない。
・・・そう言い聞かせるしかないかな?実はそんな風に考えておりましたが、
それを吹き飛ばす彼女の笑顔と、新郎の逞しさが感じられました。
ああ、いい結婚式で良かったなあ。本当に良かったなあ。
nice!(39)  コメント(17) 
共通テーマ:blog

nice! 39

コメント 17

まる

その方にとっても頼られていたことがひしひしと伝わるエピソードですね。
親身に話しを聞いてくれる上司がいなければ、結婚退職まで
勤め上げられなかったと思います。
私は結婚まで職場を点々と変えたクチですが
今でも感謝してやまない上司っていますー。
by まる (2011-07-12 01:06) 

rtfk

おはようございます^^)
その方がそういった環境でがんばれたのもひとえに
song4uさんが心の支えだったからだと思います。
会社にとってはカ彼女の退職は残念なことでしょうけど
いい笑顔と逞しい新郎をご覧になってご安心でしたね(^w^)

by rtfk (2011-07-12 08:50) 

yakko

お早うございます。
結婚式に出席されて良かったですネ〜〜〜 頼りになる上司だったんですね。彼女の気持ちが分かるような気がします。(*^_^*)
by yakko (2011-07-12 08:53) 

mag

兄さんへ
はぁ〜〜〜
当時が目に浮かぶ様な面倒の連続でしたねぇ〜〜〜〜
この後も、ご縁があったのですから仕方ないですよ
結婚式の笑顔を生涯忘れずに、何かの時には力になってあげてください
もしかしたら前世、兄さんがその人に凄く助けてもらえたのかもしれない

しかし、部下持つの本当に大変ですよね
生涯、二人持ちましたが、最初の二年は歯車磨きに死ぬ思いをしました
二人とも根性無かったけど、素直な良い子で今は良い妻、母、継続中で
偉そうな事言っているらしい(^^)

何十年も年賀状のおつき合いですが
たより(電話、メール)が有った時が恐怖です
by mag (2011-07-12 09:25) 

mag

兄さんへ2
すいません

昨日はお疲れさまでした〜(慰労はしなくちゃね)
by mag (2011-07-12 09:26) 

ポルン

震災後結婚が急増したそうです。
by ポルン (2011-07-12 09:40) 

enpoko

暑い中お疲れ様でした。
やはり頼りになる上司だったのでしょう。

しかし、なんのスキルをもたない
専業主婦の自分としては、
少しもったいないなとも思ってしまいます。
でも、現在の方が幸せならしょうがないですね。
人それぞれですもん。
愛する人と生活することによって、心が安定してくれば、
また違う道が見えてくるかもしれませんね。
by enpoko (2011-07-12 12:05) 

mutumin

確かに「えっ!東京まで?」って、気持もあるけど、頼られているって、なんか嬉しいものです。
ホテル、航空券の代金を払っても来て欲しいとなると、顔も緩むでしょう。
そして、幸せそうな笑顔を見る事で、安心出来たのでは?
by mutumin (2011-07-12 12:52) 

tamanossimo

song4uさまが職場での頼りだったのねぇ…
いまどきはお式を挙げない方が多い中
お世話になった方を遠くからお呼びするのは彼女が大変だったと思うけれど
それはお金の問題じゃないのよね!?
「あたしは…大丈夫だよっ」っていうところをお見せしたかったんだと思うわ~~っ
song4uさまっ、行ってあげてよかったねぇ♪
by tamanossimo (2011-07-12 20:31) 

そらへい

song4uさんが気にかけておられたのが
よくわかるエピソードです。
おめでたで、しかも頼られれば
人肌脱がないわけには行かないですね。
同僚や部下が、
幸せになってくれることは、
ある意味、自分の子供のことのように
嬉しいことだと思います。
結婚が新たなスタート
本当にそうですね。

by そらへい (2011-07-12 22:40) 

song4u

皆さん、こんばんは。
今日の福岡は雲ひとつ無い青空が広がっており、さぞや気温も
うなぎのぼりだったんだろうと思います。
夕方からは天気雨が降ったりして、こんなに安定しない天候は
もう夏そのものですよね。

たくさんのniceやコメント、ありがとうございます!
今、記事を読み返してみて、何だか気恥ずかしくなりました。
こういう書き方をしたら、まるで自慢話に見えてしまいますよね。
いいトシこいて、そんなことも分からないのかなあ・・・と思いました。

ああ、恥ずかしいなあ、もう。
でも、本人としては、そんなつもりは一切ございません。
匿名の発信だからということもあり、掛け値なしに正直に書いてます。
だから、どうか大目に見てくださいね。

本来であれば、皆さんおひとりずつに個別返信を旨としておりますが、
今回は皆さんのコメントが概ね同様であり、個別に返信していると
ほとんどが同じような内容になりそうなので、このメッセージを返信に
代えさせていただきたいと思います。すみません!

さて、頼り甲斐のある上司であったかどうかは、率直言って
甚だ疑わしいと言わざるを得ません。
ただし、良き相談相手であったかどうかについてだけは、結構いい線
行ってたんじゃないかな?と自負しておりますけどね。

ぼくにとって彼女は忘れられない部下のひとりになるに違いないし、
彼女にとっても忘れられない上司のひとりになってくれたら嬉しい。
・・・そんなことを思いながら、日暮れの式場を後にしました。
by song4u (2011-07-13 00:29) 

こしひかり

おはようございます。
素敵な披露宴だっただろうなぁと感じられる
あたたかいろうそくですねー。

私もいくつか職場を変わりましたが、
正社員ではない働き方プラス趣味と家事?みたいなライフスタイルに
転換してゆき、今に至りますね(^。^) 
また彼女も生活が落ち着き、いつか又スキルを
活かせるワークバランス?! も来るような気がしています。
by こしひかり (2011-07-13 07:51) 

でぶねこ

暑い中ご苦労さまでした(^^;)
夏場の結婚式は辛いですよねεε= κ( ` ▽´)κケケケ
by でぶねこ (2011-07-13 17:07) 

mag

兄さんへ
判る様にUP新規にしましたけど
どう?
by mag (2011-07-13 18:34) 

mag

ここね
http://run2.blog.so-net.ne.jp/2011-07-13
by mag (2011-07-13 19:44) 

めぇてる

嬉しいですね
めんどうみてきた部下さんの結婚式のご招待
いい日になりましたね。お疲れ様です。
きっと幸せになりますよ^^もう心配ないよということですね
by めぇてる (2011-07-14 17:48) 

monta

こんばんは。
今朝の追い山は見に行かれたのですか。
毎年見てみたいと思うのですが、平日は行けなくて・・・
来年は行ってみたいです。
祇園太鼓は今日からです。
by monta (2011-07-15 20:03)