So-net無料ブログ作成

2012 今年の採点 [採点]

今年の採点は極めて難しい。
何だかんだ言っても、去年の採点は簡単だった。

減点法は嫌いだ。加点法も好きではない。
さて、どうするか。去年は88点だった。それに比べてどうか?
そういう基準で考えてみたいと思う。

IMGP0215r.JPG
(富士山:2012年3月20日撮影)

■2012年の採点:89点

そこそこ頑張ったと去年も自分を褒めましたが、今年は去年よりも更に上。
だから1点増しです。その結果、89点ということになりました。
嬉しいです。率直に言って非常に嬉しく思います。

2012年。
辛いこともありましたが、ぼくにとっては近年にないほどの意味のある年でした。
いよいよ来年(正確には来年度)は、サラリーマン生活最後の年となります。
最後まで、しっかりと頑張りたいと思います。


ところで、先月ぐらいから考えてました。
皆さんからいただいたコメントで、今年一番心に残っているものをご披露しよう、と。

そもそもぼくのページは、本文記事はきっかけに過ぎない場合がほとんどです。
アップした時は何ということもなかった記事が、その後の皆さんのコメントによって
ちゃんとした一人前の記事に昇華する・・・
そういうパターンがいかに多いかは、過去ページを見ていただければ一目瞭然です。

前置きが長くなりました。
そんな未熟な記事ばかりのぼくのページの中でも、一際異彩を放っているのが
このページでした。

58歳の挑戦とは何か?

本文はごくごく短い上に、大部分がシティバンクの広告用コピーの引用です。
ほとんど記事の体を為していないと言っていいこのページ、その代わりと言っては
なんですが、皆さんが寄せてくれたコメントはまさに秀逸なものばかりです。
その中のひとつ、16番目のコメントの中にあるこのフレーズには感動しました。

「もう歳だからできなくて当たり前と思わない自分でずっといたい♪」

ぼくの年代で、こういう意識を持っていない人は、ほとんどいないと思います。
多くの人々の心の中にありながら、その姿が何だかモヤモヤとしているからか、
ここまで簡潔で平易に言い表しているのを、ぼくは初めて見た気がしました。
語尾の♪にも、思わずニヤリとしてしまいます。

めい先輩、ありがとうございます!
めい先輩のこのコメントの後押しのお陰で、意識的な整理は進みました。
その結果、去年よりも1点増しの評点に繋がったのだと思います。
本当に感謝しています。


さて、ソネブロの皆さま。
まるで10年以上前の骨董システムのようなレスポンスの so-netブログでも、
こんなにも多くの人々が集っているのは、ひとえに利用者の人柄でしょう。
イライラすることは多いですが、我慢しましょうね、皆さん!(笑)
2012年は本当にありがとうございました。
そして来たるべき2013年も、引き続きよろしくお願いします!
では皆さん、良いお年を♪♪
nice!(80)  コメント(59) 
共通テーマ:blog