SSブログ

佐々木朗希 完全試合達成! [プロ野球]

この記事の前に本来書くべき記事があるのですが、
こんな凄いことが起こってしまっては、こちらを優先せざるを得ない。
というわけで、興味の無い方はどうぞスルーされて下さい。
これは自分用の記録のようなものですから。

          ***

物凄いことが起こった。
1994年5月に槙原寛己(読売)が対広島7回戦で達成して以来、
28年ぶり通算16人目の完全試合、快挙達成である。
しかし、凄いのはそれだけではない。
13連続三振(凄まじい新記録!)、そして19三振奪取(これも凄いタイ記録)。
これまでの完全試合も凄い内容だったと思うが、佐々木朗希のこの記録は
本当にただただ脱帽するしかない。
ロッテはこの逸材を見事に開花させたなあ。凄いよ本当に。


今日は、実は西武vsソフトバンクを観ていた。
ところが、実に間延びした凡戦でまったく面白くない。
一方、速報によれば、ロッテvsオリックスでは佐々木朗希が途中10人連続
三振の日本記録を塗り替える快投を見せていると言う。
これはもう、西武vsソフトバンクなんか観てる場合じゃないでしょう(笑)。
てなわけで、途中から観戦対象をチェンジ^^;

観はじめたのは、6回表から。
佐々木朗希は1回のツーアウトから5回終了まで、延べ13人の打者を
全員三振に仕留めているという。
解説の有藤さんが言ってました・・・
「マンガの世界の話ですよ、こんなの」
・・・(笑)

さて、6回表。
オリックスの攻撃は紅林からだったが、簡単に初球を打って
平凡なセンターフライ。
定位置よりやや前進、そしてライトよりの飛球だった。
後になって分かったのだが、この打球がこの試合で最も遠くまで
飛んだ当たりだった・・・というのだから本当に恐れ入る。
この試合、外野に飛んだ飛球は2つだけ。
ひとつが上の紅林のセンターへの凡フライ。
そして、残るもう一つが7回先頭の後藤のライトフライだ。
しかしこの後藤の当たりは、無理に右打ちしたような擦った当たりで
一瞬セカンドが取るかも?という程度の勢いのない打球だった。

ぼくが観はじめた6回以降、12アウトの内訳は・・・
・凡フライ3(センター、キャッチャーファウル、ライト)
・凡ゴロ3(セカンド、サード、ショート)
・残りは全部三振・・・6
フライは本当に凡フライ。
ゴロはただ当てただけの凡ゴロばかり。
野手の正面をつく不運なヒット性の当たりなどは皆無であった。

佐々木朗希の投球内容.jpg
(日刊スポーツより転載)

圧巻だったのは、吉田正尚の第3打席だったと思う。
7回表、先頭の1番後藤はセンターフライ(前述)で1アウト。
(後藤には3-0になり、場内がざわついたが何とか凌いだ)
続く2番バレラも、三振を怖がってただ当てただけという感じ、
まったく力のないセカンドゴロで2アウト。
さあ、この試合まで今シーズン三振は1つだけだったというのに、
今日は佐々木朗希の前に第1打席、第2打席と連続三振の主砲吉田。
その上この試合、既にロッテ6-0オリックスと勝敗は決している。
だとすれば、吉田が考えることはただひとつ。
バット一閃、センターからライト方面へのオーバーフェンスだ。
ぼくは、かたずを飲んで見守った。

佐々木朗希、ここまでの投球数80。最高のペースだ。
吉田への初球、キャッチャーの構えはアウトロー。
佐々木の投球はやや内寄りだったが十分に低かった。
162キロのストレートは見逃しストライクで、0-1。
2球目、キャッチャーの構えは初球とまったく同じところ。
だが佐々木の投球、今度はちょっと引っ掛かった。
コースは真ん中より、そしてプレート上でワンバウンド。
佐々木も勝負どころだと力が入っているのが分かる。
159キロのストレートはもちろんボールで、平行カウント1-1。
さあ、3球目はどこに来る?
キャッチャーはまたしてもアウトロー。
160キロのストレートはわずかに外にハズレ、ボール。
カウントは2-1、バッティングカウントになった。
さすがの佐々木朗希もちょっとピンチか?!

ここまでの投球、狙いは3球とも全部外角よりのストレートで2-1。
そろそろ目先を変えて来そうな雰囲気がアリアリだ。
佐々木はどこに何を投げるのか?
勝負の4球目、キャッチャーは内寄りにポジションを変える。
インコース低めにフォークのつもりがやや高く入った。
吉田のバットは待ってましたとばかりに反応して一閃!
当たればライトの場外まで飛んで行きそうな豪快な振り!!
しかし吉田も力が入ってる、残念無念の空振りだった。

ストレートが3球続き、4球目がフォークで2-2。
さあ、泣いても笑っても次のタマが勝負だろう。
次で仕留めきれなければ、恐らく四球になるのではないか?
どうする? ロッテバッテリー!!
外よりのストレートか? それともインコースに落とすか?
無難に行くなら外角ストレート、勝負したいなら内角フォーク??
この試合、最大の1球になるのは間違いない。
さあ、運命の5球目・・・
キャッチャーはススっと内寄りにポジションを変えた。
インコースにズバッとストレート、163キロ!
吉田のバットはピクリとも動けず、見逃し・・・三振!!
見事としか言いようのない素晴らしい投球であった。

佐々木朗希vs吉田正尚 第3打席r.jpg
(吉田への最後の5球目 ベースボールLIVE スクリーンショット)


甚だ蛇足になるが、影のヒーローはキャッチャー松川だと思う。
ご存じ、市立和歌山高の21年ドラ1バッテリーのキャッチャーだ。
キャッチャーというポジションはポッと出の新人が務められるほど
生易しいポジションではないが、ルーキーにしてこの時期に
ゲームに先発出場するだけあって本当に図抜けている印象を持った。
ロッテは怖いと思っていたが、やっぱり思ったとおりだ。

著しい蛇足その2。
今日の完全試合について思うこと。
①ゾーンの中の適度の荒れ球
 少なくとも6回以降において、コントロール抜群という感じでもなかった。
 ゾーンの中で適度に荒れていたように思う。
②信じられない球威
 終盤になっても160キロ台を連発できる身体能力には驚くしかない。
 更に、140キロ台後半のフォークなんて信じられない。
 まだ細いが、この上、磨きをかけられたら手も足も出ないのではないか?
③相手がセコイ野球をしないオリックスだった
 コツコツ当ててくる相手だったら、ひょっとして・・・とは思う。
 その点、オリックスは力の勝負が基本のチーム。
 ましてコロナで主力も欠けており、この結果はやむを得ないのかも?

いやあ、だけど本当におめでとう!
いいモノを魅せてもらった、充実の日曜日でした!!

nice!(64)  コメント(25) 
共通テーマ:blog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。